卒業論文 現代祈祷寺院の機能と構造

大本山成田山仙台分院

現代祈祷寺院  サイトマップ

大本山成田山仙台分院

大本山成田山仙台分院について

 大本山成田山仙台分院は宮城県仙台市青葉区にある真言宗智山派(注1)の寺院で、昭和57年開山と比較的新しい寺院である。正式名称は成田山経ヶ峰国分寺で、総本山は京都の智積院、大本山は千葉の成田山新勝寺であり、国分寺は新勝寺の分院である。
 この寺院が建立されたきっかけは二つある。一つ目は、前住職の父親が若いころに曹洞宗の僧籍に入っていた関係で、いつかは寺院を造りたいと考えていたことだ。二つ目はかつて17代にわたって現在の仙台近辺に領土を有していた国分家が、伊達政宗に追われて、現在の福島へと逃れたという歴史を背景としながら、追われる以前の国分家を供養する寺もなく、人もいないことに気づき、国分壮氏が、福島県から仙台に出てきて事業を始めるにあたり、自ら寺院を建て供養しようとしたことがきっかけである。
 大本山成田山仙台分院は祈願・祈祷を主に行う寺院として知られており、境内に日本一高い場所にある不動明王像が設置されている寺院としても有名である(下図参照)。また、信徒数は一万人を超え、正月や節分の時期は信徒たちで賑わっており、宮城県内で有数の初詣地としても知られることから、初詣においても多くの参拝者が足を運んでいる。

大本山成田山仙台分院概要略図
大本山成田山仙台分院概要略図

(注1)真言宗智山派・・・真言宗の一つ。高野山、東寺等の古義真言諸派に対し、豊山派とともに新義真言の有力な一派。

大本山成田山仙台分院関連年表
西暦内容備考
1982年(S57)成田山経ヶ峰国分寺開山
納骨堂開始
水子供養開始
2002年(H14)永代供養墓開始
2004年(H16)人形供養開始人形供養祭の開始は
2008年頃から
2006年(H18)ネット水子開始
ネット祈願開始
2010年(H22)お守り通販開始
2014年(H26)ネット水子終了
ネット祈願終了
新しく受け付けはしないが
これまで同様アクセスはできる

大本山成田山仙台分院の不動明王大仏の鎮座する展望台から初日の出を拝むことができます。

 大本山成田山仙台分院は地元地域の卒業論文に協力しています。
大本山成田山仙台分院を対象とした卒業論文について、無断掲載、無断複写を禁じます。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640

  

現代祈祷寺院このページのTOPに戻る