卒業論文 現代祈祷寺院の機能と構造

縁起物(お守り)

現代祈祷寺院  サイトマップ

大本山成田山仙台分院の経営 縁起物(お守り)

大本山成田山仙台分院の縁起物(お守り)

 大本山成田山仙台分院の経営の一つ目の柱は縁起物(お守り)の販売だ。大本山成田山仙台分院はお守りの種類が豊富である。その中で、最も多く売り上げているのは、「勝守り」と「身代わり守り」の二つである。この二つはどちらも成田山にゆかりのあるお守りで、前者は本山である千葉県の成田山新勝寺の名前に由来しており、勝負ごとに勝つというお守りで、後者は江戸時代に成田山の建築にかかわったある人の逸話(注5)に基づいたお守りである。やはり成田山というブランドがお守りの販売に拍車を促進させていると思われる。
 お守りは正月によく売れ、お守りの売り上げ全体の八割をここで売り上げる。残りの二割はお守り通販による売り上げである。お守り通販とは、成田山の他の分院では行っていない、大本山成田山仙台分院だけが行っているサービスであり、遠方に住んでいる方で直接来山できないという方にも気軽にお守りを手にしてもらえるようにという目的で始めたものである。お守り通販は平成22年から始まったもので、年々受注件数は増えており、平成27年の9月の時点で開始した年の個数の5倍以上の受注数になった。
 このように人気を博しているお守り通販であるが、他の分院ではなかなか行うことが難しいサービスであるがゆえに、大本山成田山仙台分院のみにとどまっている。大本山成田山仙台分院がお守り通販のサービスを行うことができる理由として、大本山成田山仙台分院とは別の法人の存在が大きく関係している。それは株式会社である。この会社は、平成10年設立で、主にインターネット環境やウェブサーバの構築を仕事としている。そしてこの会社の最大の特徴といえば、社長が現住職であることだろう。そのためオフィスと寺院の受付が同じ場所にあり、社員が寺院の運営を手伝うこともあるという。寺院運営においての主な仕事は、ホームページの運営、お守り通販の管理などネット環境に関わる部分であり、寺院側から委託されて業務を行っている。テレビのCMなどによる広告を一切行っていない大本山成田山仙台分院にとっては、インターネットによる発信が主流になっているため、この会社の存在はとても大きいものとなっている。

お守り通販年間販売個数推移
お守り通販年間販売個数推移

 大本山成田山仙台分院は地元地域の卒業論文に協力しています。
大本山成田山仙台分院を対象とした卒業論文について、無断掲載、無断複写を禁じます。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640

  

現代祈祷寺院このページのTOPに戻る